監修・執筆医のご紹介

監修・執筆医一覧に戻る
武本 佳昭 先生

武本 佳昭 先生

たけもと よしあき

大阪市立大学医学部附属病院 人工腎部 病院教授

大阪市立大学医学部附属病院

経歴

所属学会


読者への
メッセージ

慢性腎不全に関する病態は、腎移植をしない限り治癒することはありません。
最近では、糖尿病から腎不全になる方が最も多くなり、糖尿病も治ることはありません。
ということは、病気と継続的にうまく付き合えるように、自分の生活を変えていくことが非常に重要になります。多くの患者さんは、腎不全が悪化してきて血液透析療法や腹膜透析療法がもうすぐ必要になります、とお話しすると、そんな治療をするくらいなら死んだほうがいいといわれることがあります。そんな時いつもお話ししているのは、透析は今思われているほどしんどくないこと、また、だれも透析をしたい人はいないので透析をすることで体が楽になることを説明しています。現在の医療レベルでは慢性腎臓病を完全に治すことはできないので、患者さんが病気およびその治療である透析療法とうまくやっていかれることを切に希望しながら、日々の診療にあたっています。
ページ上部へ