透析療法の種類

透析療法の基礎知識

透析療法の種類

北村 悠樹 先生

2016.04.15

北村 悠樹 先生(桃仁会病院 腎不全科 医長)

透析費用について

透析治療に必要な医療費は、外来血液透析では1カ月あたり約40万円、腹膜透析では1カ月あたり約30~50万円といわれています。ただ、わが国では医療費の公的助成制度が確立されており、自己負担を軽減することができます。助成制度の一つである高額療養費制度を利用するには、特定疾病療養受療証あるいは後期高齢者医療特定疾病療養受療証を取得します。これらの取得により、自己負担限度額が一医療機関あたり月額1万円(高額所得者は2万円)になります。
また透析導入時に、身体障害者手帳の交付申請を行ってください。透析治療をしている方は主に1級に認定されますが、地域によっては認定の基準が異なります。身体障害者の認定を受けることにより、医療保険や自立支援医療の様々な助成を受けることができます。
最後に、海外で透析をした場合には、帰国後に海外療養費申請を行うことで医療費の一部が還付されることになります。事前に、申請書類などを準備しておくようにしてください。

ページ上部へ