食事のポイント

ふき

今月の食材【4月】ふき

ポイント

  • 旬は4〜6月
  • 日本特産の山菜で、独特の香りとほろ苦さがある

日本特産の山菜であるふきは、平安時代には栽培されていたという古い歴史を持ちます。
旬は4〜6月。水分とカリウム、食物繊維が多く、独特の香りとほろ苦さが春を感じさせてくれます。

栄養成分値

ふき 茹で
エネルギー(kcal) 11 8
たんぱく質(g) 0.3 0.3
カリウム(mg) 330 230
リン(mg) 18 15
食塩相当量(g) 0.1 0

*:長さ20cm程度に切ったものを茹でて水にさらし、水切りしたもの。
日本食品標準成分表2015年版(七訂)より

透析患者さんの食べ方

食べ方のポイント

  • 切ってから茹でて水にさらすとカリウムが減る
  • 薄味にして素材の風味を生かす

ふきを食べる時に気をつけたいのはカリウムの量です。
写真を参考に、短期間で食べ過ぎないようにしましょう。

写真:ふきの1日あたりの摂取量の目安(可食部70g)

ふきのカリウムは切ってから茹でて水にさらすことで30%ほど減らせます。食感と香りを楽しむために、味付けは薄くして素材の風味を味わいましょう。


矢吹病院 健康栄養科

2018.04.13

矢吹病院 健康栄養科

ページ上部へ